ピアノ調律師の仕事内容

ピアノ調律師は、経年変化によるピアノの音程の狂いを調節したり保守をする仕事に従事します。一般家庭や学校・音楽学校に出張し、既設のピアノを調律する場合がほとんどです。また工場や工房でピアノの修理・修復に携わる場合もあります。従事に必要な資格はありませんが、ピアノ調律技能士という国家資格はあります。聴覚に優れていることが必要で、ピアノメーカーの養成所や専門学校で学んだあと修行するコースが一般的です。ピアノメーカーや楽器店に所属するか独立して行っている場合がほとんどで、必要に応じてアルバイトとして雇う場合もあります。深谷は埼玉県でも音楽が盛んな地域のひとつのため、ピアノを保有する一般家庭が多くあります。調律は毎年行うのが理想とされ、特に音大進学やコンクールを目指している子供がいる家庭では頻繁な調律が必須のため、コンスタントなニーズがあります。メーカーを問わないで調律ができると仕事の幅が広がります。