深谷市の周辺情報と方言

深谷市は埼玉県北部にある人口約14万3千人の市です。江戸時代以降中仙道の宿場町が置かれ発展して来ました。県でも有数の農業地帯でありネギは日本一の出荷量を誇り、他にチューリップなどの栽培も盛んです。工業ではレンガや瓦の製造業も盛んですし肉牛やビールの名産品としての知名度も高いものがあります。商業では商店街がかつては繁栄していましたが次第にニュータウンやショッピングセンターなどに取って代わって建ち並ぶようになって来ました。夏場は季節風の影響で暑く、冬場は乾燥したからっ風が吹いて寒く概して内陸的で寒暖の差が大きい地域とされています。2006年に町村合併によって市が誕生しました。観光スポットや施設としては実業家の生家や記念館、城址公園、遺跡、古墳群、公共屋内プールなどがあり、毎年の祭事では七夕祭りや神社大祭、桜まつり、映画祭、獅子舞などが行われます。深谷市の方言としては過去に使われていた深谷弁が知られています。群馬弁と秩父弁に影響を受けながら独自のものを併せ持つとされています。